糖尿病三大合併症 糖尿病予防の基礎知識 糖尿病 情報Bank! 『糖尿病の予防法』

糖尿病三大合併症 糖尿病予防の基礎知識



糖尿病神経障害糖尿病網膜症糖尿病腎症糖尿病3大合併症とよびます。

糖尿病に特有の合併症で、血糖値をコントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10〜15年でこれらの合併症が出てきます。


糖尿病神経障害

糖尿病の3大合併症のうち、最も早期に現れてくるのが、糖尿病性神経障害です。

末梢神経が冒され、手足の痺れから始まりひどい痛みとなり、最終的には全く痛みを感じなくなります。

痛みや痺れは、手や足の先から、そして左右対称に出現してくるのが特徴です。

怪我をしたり、火傷をしても痛みを感じないため、気付くのが遅れ、そこが化膿して壊疽を起してしまい、最悪の場合切断しなければならなくなる場合もあります。

他に、末梢神経の自律神経に障害が起こると、発汗異常・便秘・下痢・起立性低血圧による立ちくらみ・排尿困難・インポテンスなどのさまざまな症状が現れます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、初めは全く無症状ですが,網膜症の進行にともない,単純網膜症増殖前網膜症増殖網膜症へと進行していきます。

糖尿病網膜症は、一度進展してしまうと治りにくく、しばしば失明の原因となり、毎年3000人以上の方が糖尿病の合併症が原因で失明しています。
これは中途失明の原因の第一位となっています。

また、白内障になる人も多いといわれています。

糖尿病網膜症の患者数は280万人以上にのぼり、実に糖尿病患者の約40%にあたり、患者数の非常に多い病気でもあります。

糖尿病腎症

糖尿病にかかり10年以上経過している方で、血糖値のコントロールが悪く、高血糖状態が長い間続いたために、腎臓の濾過(ろか)機能を担う糸球体(しきゅうたい)が損なわれてしまう病気です。

そのため腎機能が低下して、尿の中にたんぱくが出てきたり、高血圧やむくみなど腎炎と似た症状が起こります。
進行すると、腎不全から尿毒症となり人工透析が必要になります。

糖尿病性腎症で人工透析を新たに開始される患者数は、90年度では年間4326人でした。
これが2000年では年間11,685人にも増加し、10年間でおよそ2.7倍に新規人工透析導入患者数が急増しています。

98年度以降は、糖尿病性腎症が新規人工透析導入患者数1位となっております。

糖尿病性腎症もやはり自覚症状がなく、検査でたんぱく尿が出たときにはすでに発病しており、いったん発病すると腎症を完治することはできません。


糖尿病は自覚症状がないので、このような合併症の症状が現れてから発覚することが少なくありません。
重大な合併症になる前に、健康診断を受診し糖尿病を予防しましょう。


糖尿病には、特選三大ハーブティーの
JWT ジェイソン・ウインターズ・ティーが結構おすすめです。
万人に効果があるかは わかりませんが、
管理人の知人はこれを飲んで解消しました。


align="left" alt="鉛筆.bmp" />生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。