糖尿病の症状は 糖尿病予防の基礎知識 糖尿病 情報Bank! 『糖尿病の予防法』

糖尿病の症状は 糖尿病予防の基礎知識



糖尿病の症状は痛みや身体の異常など、自覚症状があまりないのが特徴ですが、代表的な自覚症状としては下記のような症状があります。

 ・異常なほど喉か渇く(夜中に起きて水をガブ飲みする)
 ・おしっこの回数が増える(夜中に何回もトイレに起きる)
 ・お腹がすいてよく食べるが、食べても痩せてしまう
 ・疲れやすく、身体がだるい
 ・キズが治りにくい 
 ・目がかすむ

さらに糖尿病が進行すると
 
 ・ 手足がしびれたり、皮膚がかゆくなったりする
 ・ ものが見えにくくなる(失明する場合もある)
 ・ ちょっとした傷が化膿しやすくなる

このような症状が現れます。

そして、もっとも怖いのが糖尿病による合併症です。
糖尿病は合併症の病気といわれていおり、糖尿病のコントロールの主目的は合併症発症予防と進行の抑制です。

糖尿病神経障害糖尿病網膜症糖尿病腎症3大合併症とよびます。

糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10〜15年でこれらの合併症が出てきます。

糖尿病は自覚症状がないので、このような合併症の症状が現れてから発覚することが少なくありません。

こうなる前に、健康診断などを定期的に受診することをおすすめします。


糖尿病には、特選三大ハーブティーの
JWT ジェイソン・ウインターズ・ティーが結構おすすめです。
万人に効果があるかは わかりませんが、
管理人の知人はこれを飲んで解消しました。


align="left" alt="鉛筆.bmp" />生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。