糖尿病を早期発見するには 糖尿病予防の基礎知識 糖尿病 情報Bank! 『糖尿病の予防法』

糖尿病を早期発見するには 糖尿病予防の基礎知識



糖尿病は自覚症状がありません。

そのため、確実に糖尿病を早期発見するには定期的に健康診断を受信することが大切です。

糖尿病が発見されるのは、健康診断・他の病気で検査した際など、自覚症状がなくても、何らかの検査をした結果発見されるケースが多いようです。

『典型的な自覚症状』

 ・異常なほど喉か渇く(夜中に起きて水をガブ飲みする)
 ・おしっこの回数が増える(夜中に何回もトイレに起きる)
 ・お腹がすいてよく食べるが、食べても痩せてしまう
 ・疲れやすく、身体がだるい
 ・キズが治りにくい
 ・目がかすむ

などがありますが、このような自覚症状が現れた時には、すでにかなり血糖値が高くなってしまっています。

糖尿病の診断基準が1999年に変わりました。

今まで糖尿病と診断されていない方の中にも、合併症を引き起こすケースが多く見られるため、より早期に糖尿病を診断し合併症の進展を防ぐことを目的とし、糖尿病の基準値を今までのものよりかなり引き下げられました。

現在の糖尿病検査基準は

 1>随時血糖値200mg/dl以上
 2>空腹時血糖126mg/dl以上
 3>75g糖負荷試験で2時間値200mg/dl以上

1〜3のいずれかに該当する場合は「糖尿病型」と判定され、別の日に検査して1〜3の値いずれかで「糖尿病型」が確認されれば糖尿病と診断する。

ただし、以下の所見が認められた時は、1回の検査で直ちに糖尿病と診断されます。
 
 ・典型的な症状がある
 ・HbA1c 6.5%以上
 ・糖尿病網膜症
 ・基準値を著しく超える血糖値

糖尿病患者数は年々増加傾向にあります。
しかし、ほとんど自覚症状がないので、早期発見するにはやはり定期的な健康診断が必要です。


糖尿病には、特選三大ハーブティーの
JWT ジェイソン・ウインターズ・ティーが結構おすすめです。
万人に効果があるかは わかりませんが、
管理人の知人はこれを飲んで解消しました。


align="left" alt="鉛筆.bmp" />生活習慣病情報Bank!は各症状別に詳細サイトを構築中!

症状別のくわしい情報は下記「各情報Bank!」をご覧下さい


 生活習慣病総合情報
   こちら⇒ひらめき生活習慣病情報Bank!

 内臓脂肪型肥満総合情報
   こちら⇒ひらめき内臓脂肪型肥満情報Bank!

 高脂血症総合情報
   こちら⇒ひらめき高脂血症情報Bank!

 高血圧総合情報
   こちら⇒ひらめき高血圧情報Bank!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。